*archive of ‘NEWS’ category

Messages for『dive into』from …..(皆さまからシゲさんへ)

重住ひろこの1st ソロアルバム『dive into』へのメッセージを
縁のある方々よりいただきました!(順次掲載予定)
皆さまありがとうございます!!


いままで聴いたことのないシゲちゃんの新しい表情が、とても新鮮でした。
やっぱりアカペラは真骨頂、「Ballet Mécanique」のカヴァーにグッと来ました。
ソロアルバム完成おめでとう。
高野寛(音楽家 / 「永遠の風景」作詞)

納得のいく曲を提供できて心からホッとしています。
「夕光」はいつか自分でも歌ってみたいと思っています。
アルバムはソロならではのスタンスで、カヴァー曲の選びも最高だし、
ひとりのシンガーの夜明けからその先の夜までを
一気に見渡せるような重厚なスケールを感じました。
新たなスタンダードの誕生ですね。

直枝政広(カーネーション / 「夕光」作詞 作曲)

シゲちゃんの声がだい好きでもう20年以上の付き合いになってしまった!
あれだけ器用に仕事をこなしながらも
自分のど真ん中を表現できるのだからやはり大したものだと感心します!
ゴンドウトモヒコ(音楽家 / 「FUFUFU」 F.Hr. & Tb.)

シゲちゃんのファーストは、はじめましてのショーケースでいろんな曲が入っている。
一曲ずつ奥ゆきがあって、まるでそれぞれにつながる曲があるようだ。
もう何枚かアルバム出していてベスト盤作りましたの趣。
初々しさと成熟と可能性。
もっと聴きたくなる。
お手伝いします、いつでも呼んで。
矢口博康(音楽家 / 「FUFUFU」B.Sax & A.Sax,「犬になれたら」S.Sax)

素晴らしい楽曲(作品)と対峙すると〜勝手に指が動いちゃうんです(^^)
まさにそんなモーメントを楽しませていただきました。
たくさんの方に聴いて欲しいねー
佐橋佳幸(音楽家 / 「夕光」Gt.)

1曲目、カーネーションの直枝正広の詞曲による「夕光」から
耳を鷲掴み(←こんな表現ありませんが)にされること請け合い。
「永遠の風景」でうっとり夢見心地にさせられ、
幸宏の秀逸なカヴァー「犬になれたら」で不思議な世界へ連れて行かれ、
教授の名曲「Ballet Mécanique」のカヴァーでは一人多重
ア・カペラで印象ががらっと変わる驚きを味わい、
ピンク・フロイド「See Emily Play」のカヴァーでは、
本作のプロデュースもつとめたYMO作品などの名録音エンジニア飯尾芳史の一人多重演奏も聴け、
オリジナルに戻った「OVER」でダークで重いサウンドに酔い痴れ、
最後の「FUFUFU」で軽快に弾ける!
そして、その全ての音楽に広がる、柔らかい重住ひろこの声が素晴らしい。
音楽を聴く無上の喜びに浸れる傑作アルバムです。
難波弘之(音楽家 / 「See Emily Play」Organ)

シゲちゃん、やりましたね!

大切なあの人たちが、優しい笑顔を湛えて、この音に耳を傾けている姿が目に浮かびます。

きっと喜んでいるに違いありません。 ありがとう。

この音に、この声に触れたなら、誰もが優しい気持ちになることでしょう。

さて、私は何処まで行こうかな。

佐藤雅和 (ヒンツ・ミュージック) 


一緒にデビューしてから
いつの間にか四半世紀以上経ちますが、
「重住ひろこ」が歌うことだけにこれほどフォーカスして
制作した歌集は初めてかも。
現在の歌を遺したいという気持ちからスタートして
そしてとてもいい歌が録れたのだから大成功。
Smooth Aceには『Remains』という宝物があるけど、
シゲにはもうひとつ増えたね。
お疲れ様でした。おめでとう。

岡村玄 (Smooth Ace) 


この作品を一緒にやろうということになってから1年以上の月日が過ぎましたね。
当初は4曲くらいのミニアルバムを作る予定で、オリジナルの候補曲を聴きながら
「ピンクフロイドをしげちゃんが歌ったらキュートになると思うんだけどなぁ」
と言ったところからトラックを作り始めて、
思い返せば、高野くんに歌詞を頼むために「冷めないうちに」という曲のデモを送り
「永遠の風景」という曲になって帰ってきたところから、このアルバムの向かう道が
はっきりと決まりましたね。
この歌詞のおかげで僕たちは幸宏さんのいない世界を生きて行かなければならないんだ、
という現実を受け止め、覚悟みたいなものを持つことができたんですよね。
となると「犬になれたら」を入れたいね、となり、これにはやっぱり矢口くんに
”笑うサックス”を吹いてもらおうとなりましたね。
そして教授のいない世界も受け入れなければならない。
従って、かねてからライブなどで披露していた「Ballet Mecanique」の完成度が
あまりに高いので、これも入れたいね、ということにもなりますよね。
こういう流れでカバー曲が少し多めになってしまったんですよね。
そして最後のさいごに直枝さんが「夕光」という素晴らしい曲を作って下さって、晴れて
達磨に目を入れることが出来たんでしたね。
本当に楽しくて只々おもしろい日々だったので、終わってみると少しさびしいけれど
たくさんの方々に聴いてもらえるワクワク感もいっぱいなのです。
しげちゃん、dive into リリースおめでとうございます。
飯尾芳史(『dive into』Arranger, Engineer & Producer)

今回のオファーにあたって重住さんは曲にはすでに「Over」というタイトルがあって、
「悲しみを泣き叫びながら歌いたい欲求がありまして」と教えてくれました。
10年ぐらい前からある曲だとも。とても大切な曲を預けていただいたんだ、と
気を引き締め、自分史上でもいちばんと言ってもいいぐらいに
悲しい歌詞を書き、とても気に入ったものになりました。
アルバムも日本のポップ・ミュージックの現在・過去・未来が詰まっていて、感動しました。
ここに参加できて本当に嬉しいです!
澤部渡(スカート / 「Over」作詞)
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPrint this page

重住ひろこ 『dive into』[CD]

表1_表4
2024年7月17日(水)リリース!
重住ひろこ 『dive into』
VIVID SOUND
CD | VSCD9737 | ¥ 2,640(tax in)

>>>TOWER RECORDS
>>>HMV
>>>disk union
>>>Amazon
>>>Rakuten
>>>YAHOO!
>>>VIVID SOUND

これまでの活動、今回のアルバム制作にて縁のある方々に
コメントいただきました!(順次掲載予定)
>>> Messages for『dive into』from …..

Smooth Aceの重住ひろこが、ソロ・アルバム「dive into」のリリースを決定した。
彼女自身が手掛けたオリジナル楽曲に加えて、
高野寛や澤部渡(スカート)が作詞を提供、直枝政広(カーネーション)からは
詞曲の提供もあり、さらには高橋幸宏、坂本龍一のカバーも含む全7曲を収録。
プロデューサー兼エンジニアは、音楽界の重鎮である飯尾芳史が担当し、
レコーディングには佐橋佳幸、難波弘之、矢口博康、ゴンドウトモヒコなど、
名うてのミュージシャンが参加している。

アルバムには、重住ひろこが作詞作曲を手掛けた80年代のニューミュージックを想起させる
軽快なポップ・ナンバー「FUFUFU」、作曲を手掛けたダークなシンセが特徴の「Over」、オ
リジナルを的確に再現したPink Floydの「See Emily Play」や、エレクトロニカでミニマルに
仕立てた高橋幸宏の「犬になれたら」、名曲をアカペラで多重録音する彼女ならではのアレン
ジによる坂本龍一の「Ballet Mecanique」など、多彩な楽曲を堪能しつつ、彼女のルーツを
垣間見ることができる作品となった。

重住ひろこは、そのクリアで美しい歌声と卓越したハーモニーで、多くの著名アーティスト
と共演してきた。高橋幸宏、細野晴臣、小坂忠、吉田美奈子といった音楽界のトップミュー
ジシャンとの共演は、彼女の音楽的な実力と信頼を示している。さらに、NHK Eテレの「ム
ジカ・ピッコリーノ」などのテレビ番組や、映画、CMの音楽制作にも携わっており、その多
才さで幅広いファンを魅了している。

■スタッフ
エンジニア / プロデューサー:飯尾芳史
|アート・ディレクション/デザイン:チャーハン ラモーン

■パーソネル
重住ひろこ(vo, cho)
飯尾芳史(arr, g, b, kb)/佐橋佳幸(g)/難波弘之(org)/
矢口博康(sax)/ゴンドウトモヒコ(horns)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPrint this page

REMAINS [限定盤][CD]

coming_soon
CD |UPCY-90130 | 2022.10.26 | Universal Music
¥1,650(tax in)

続きを見る »

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPrint this page

For Two-Piece [限定盤][CD]

coming_soon
CD |UPCY-90131 | 2022.10.26 | Universal Music
¥1,650(tax in)

続きを見る »

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPrint this page

SING LIKE CHILDREN Complete

UPCY-7286_Book_H1-4
2017年5月10日(水)発売
Smooth Ace『SING LIKE CHILDREN Complete
RELEASED BY UNIVERSAL MUSIC
CD |UPCY-7286 | ¥3,000(税込)

2014年に自主レーベルよりリリースしたアルバム「SING LIKE CHILDREN」
このアルバムに書き下ろしの新曲を2曲追加収録、
リマスタリングはsaidera masteringのオノセイゲン氏が担当した《コンプリート盤》
2017年5月10日、ユニバーサルミュージックジャパンより
新たにリリースします。
UNIVERSAL MUSIC JAPAN “Smooth Ace”ページはこちら

メンバーにとって大変思い入れのあるアルバムに、このようなご縁が
巡ってきたことに驚きましたが
このメジャーリリースによりまた一人でも多くの方にこのアルバムが届けば、と
願っております。

Available to stream here>>>

Amazon >>>
TOWER RECORDS >>>
HMV >>>
TSUTAYA T-SITE >>>
UNIVERSAL MUSIC STORE >>>
———————————————————————————————————–
■収録曲(作詞 – 作曲 – 編曲)
[1] すてきなミュージック
(岡村玄 – 重住ひろこ – 冗談伯爵 /コーラス・アレンジ:重住ひろこ、岡村玄)
[2] だ・ん・だ・ん(新曲)
(岡村玄 – 重住ひろこ – 新井俊也/コーラス・アレンジ:重住ひろこ、岡村玄)
[3] ミュージック
(岡村玄 – 重住ひろこ – 窪田渡 /コーラス・アレンジ:岡村玄)
[4]虹を見たくて
(岡村玄 – 重住ひろこ – /コーラス・アレンジ:重住ひろこ)
[5] きみを知ってる
(岡村玄 – 重住ひろこ – 新井俊也 /コーラス・アレンジ:岡村玄)
[6] favorite song
(岡村玄 – 重住ひろこ – 新井俊也/コーラス・アレンジ:重住ひろこ、岡村玄)
[7] ペシミストノラヴソング
(岡村玄 – 重住ひろこ – 窪田渡 /コーラス・アレンジ:岡村玄)
[8] Discovery
(岡村玄 – 重住ひろこ – 川嶋可能 /コーラス・アレンジ:岡村玄)
[9] Sing like children
(岡村玄 – 重住ひろこ – 櫻井映子 /コーラス・アレンジ:岡村玄)
[10] すてきなリプリーズ
(岡村玄 – 重住ひろこ – 新井俊也)
[11] 伴奏者の恋(新曲)
(岡村玄 – 重住ひろこ – 新井俊也 /コーラス・アレンジ:重住ひろこ、岡村玄)

■スタッフ
プロデュース:Smooth Ace | レコーディング・エンジニア:廣瀬修、辻中聡佑
| ミキシング・エンジニア:廣瀬修
| マスタリング・エンジニア:オノセイゲン(saidera mastering)
| アート・ディレクション/デザイン:前園直樹 | 撮影:石田亮介

■パーソネル
重住ひろこ、岡村玄(vo, cho)
朝倉真司(d、per)/真船勝博(b)/石成正人(g)/江草啓太(pf)/
窪田渡(kb)/佐々木久美(org)/ゴンドウトモヒコ(horns)/田ノ岡三郎(acc)/
櫻井映子(prg, glocken)/新井俊也、川嶋可能(prg, etc)/
Luz、ツヤトモヒコ、前園直樹(vo)/ASA-CHANG(d、per)

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPrint this page

Smooth Ace:Studio Live At Saidera Mastering

2015年12月22日東京。
Saidera Masteringにて、2組のペアマイクのみでDSD録音された
Smooth Aceのスタジオライヴ音源が
2016年8月4日よりIIJハイレゾストリーミングサービス「PrimeSeat(プライムシート)
にて期間限定の有料ストリーミング配信開始となります。

販売期間:2016年8月4日~12月31日  ——–終了いたしました。
配信期間:2016年8月5日~2017年1月31日 ——–終了いたしました。
ご購入、ストリーミング方法等の詳細は>>>>>>こちらからどうぞ

”その場で鳴っている「音そのもの」に焦点をあてる録音ドキュメンタリーです。
録音監督のオノセイゲンさんによるセッティングでのオール一発録り。
あの瞬間の、歌とピアノと空間と響きの記録です。”

Performed by Smooth Ace, ツヤトモヒコ, レモン & 江草啓太
Recorded by オノ セイゲン

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPrint this page

SING LIKE CHILDREN

前作「きらめき」から5年。
相も変わらず、メロディーと言葉にこだわり制作して、ライヴで磨いた楽曲を新たなアレンジ、厳選されたコーラスワークで聴かせる6thフルアルバム。
クオリティとヒューマニティが同居するハーモニーが彩る、言葉がある、人の声が聴こえる、希有で、リアルな、ヴォーカルコーラスアルバムが出来ました。

2015年2月、山下達郎さんが自身のラジオ番組で
このアルバム収録曲を
絶賛し、オンエアした。

続きを見る »

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPrint this page

ごあいさつ

みなさん、こんにちは。
2014年10月のニューアルバムリリースを前に
Smooth Aceのweb siteをリニューアルいたしました。
おかげでなんだか気分もリフレッシュしております。

まずは新しいアルバムと新しいライヴについてのお報せを。

これからも徐々に、「変化」していく予定ですので
お見逃しなく。
今後もofficial web siteをよろしくお願いします。

**************************

新しいweb siteのデザイン、制作はニューアルバムの
アートディレクションも担当してくれた前園直樹さん、
トップバナーのcalligraphyはイシイリョウコさんによるものです♡

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPrint this page